カラダをつくる心のすざましいパワー

ご存知でしょうか?

あなたのカラダは年に一度
全身が生まれかわっていることを。

今回は激変するのに必要な心とカラダの関係をお伝えします。

人間は物質なので
栄養からのアプローチも必要です。

46種類の必須栄養素、
3大栄養素、水、睡眠、適度な運動・・どれも欠かせません。

けれども
いくら健康に気をつかっていても
病気になってしまう人もいるのは確か。

不健康な生活をしていても元気でいる人もいる。
なぜなのか不思議に思ったことはないでしょうか。

頭の中にある言葉とカラダの関係

頭の中にある言葉(心にうかぶ言葉)とカラダはいつもやりとりしています。

1.ある考えが浮かびます

2.その考えが脳に記録されます

3.脳は全細胞にあっという間にシグナルにして伝達します。

4.細胞もシグナルに反応してメッセージを脳に送り返します

脳は脳みそだけを指しているのではなく
全身にいきわたる神経ネットワークのことを
脳というのだそうです。(脳機能学者による)

ネガティブな情報を流せば
ストレスホルモンがいきわたり
ストレスに対処する行動を自然にとるようになります。

ポジティブな情報に変えると違う世界が見えてくる

一見、ネガティブに思えることでも
必ずポジティブな面があります。

人生の物語を書き換えましょう。

幸せになれる方法を見つけたら
カラダは自然に理想のバランスをとりもどします。

心には遺伝子レベルでの変化を起こすパワーがある

どんな意識をもつかによって
現実が変わります。

心のすさまじいパワーを扱う前に
知っておくべきこと6つをご紹介します。

1.あなたがカラダを”つくっている”

2.あなたの選択してきた積み重ねが今のあなたのカラダです

3.人生は選択です。いつも自分を基準に幸せを選択することができます。

4.カラダはこのままではありません。死ぬまで変化します。

5.あなたのカラダは一年に一度、ほぼ全身生まれ変わっています。

6.あなたの思考、感情、行動、セルフイメージで遺伝子の変化が起こります

ベースとなっているのはすべてあなたのセルフイメージや信念です。

カラダをつくり直しているサイクル

胃壁は5日ごと
皮膚はひと月ごと
骨格は3か月ごと
肝臓は6週間ごと
遺伝物質は6週刊ごとに新しい組織に入れ替わります。

遺伝子については
生まれた時にもっていた遺伝子を増やすことも減らすこともできません。

しかし同じわけではなく
細胞のスイッチをオンにしたり
オフにしたりしていることがわかっています。

遺伝子レベルでカラダが激変するには
食事の改善、
軽い運動、
ストレスをかるくして
生活をポジティブに変えたときだと
ハーバード大学のディーン・オーニッシュ博士の研究グループは証明しています。

意識的選択をすることですべては成功する

ダイエットでも禁煙でも人間関係でも
意識的によい方向へと選択すること、
そしてそれを習慣化するまで
チャレンジすることが鍵ですね。

それには
輝く未来のゴールをイメージし
正しい方法で行動する。

目に見えない力が
カラダや物質をつくることを念頭において。

まさにスピリチュアルを科学する世界ですね。

7ステップ無料メール講座はこちら

《期間限定》
今だけ無料レポートプレゼント中!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、「コメントを送信する」ボタンを押してください。