カフェイン量はコーヒーと緑茶、どちらが多い?

ハートとカラダを満たしてするする痩せながら

一生太らない習慣を身に付ける

ホリスティックダイエットの中川明美です。

 

このようなご質問をいただきました。ありがとうございます。

    ↓↓↓

> 一つ、聞きたいことがあったのですが、
>カフェインの量は緑茶の方が多いと思うのですが
>コーヒーはなぜダメなのか
> カフェインの他に何か有害なものって入っているのでしょうか?

 

 

回答させていただきますね。

コーヒーがダメというわけではないのです。

 

飲み過ぎるとカフェインを摂りすぎてしまって

カフェイン中毒になりやすいということです。

 

カフェインの一日の適切な摂取量は 300-400mgと言われています。

ですからコーヒーでは2-3杯までがいいと思います。 

 

コーヒーが大好きで便秘症な人は要注意!

 

カフェインが腸の水分を出してしまいやすいので

便秘解消にはよくないと言われています。

また、腎臓が弱い人も

カフェインは可能な限り避けるといいですよ。

 

 

100ml あたりのカフェイン含有量は以下の通りとなります。

玉露            120 mg

コーヒー エスプレッソ 280 mg

コーヒー         90 mg

コーヒー (インスタント)  45 mg

栄養ドリンク        50 mg

コーラ               10 mg

抹茶                      30 mg

ココア                     30 mg

紅茶                      20 mg

ほうじ茶                  20 mg

ウーロン茶               20 mg

緑茶                       20 mg

玄米茶                    10 mg

 

玉露は確かにカフェインが多いのですが、

熱湯でお茶を出しませんね。

だいたい60度くらいでしょうか。

 

するとカフェインはそんなに出てきません。

 

緑茶も熱湯を使えばこの量になるそうですが、

80度くらいなら更にカフェインの量が抑えられます。

 

それと緑茶はビタミンやカテキンなど

たくさんの栄養が含まれています。

メリットの方が上回るのかなと感じます。

 

何でもあんまり極端に禁止しすぎもよくないでしょう。

ホントにカラダに悪いものは別ですが。

カラダに負担がかかっているなぁと感じるときは控えて、

シャキッとしたいときにはコーヒー飲むといいですよね。

 

完璧主義は私には絶対にムリ・・・!

 

だから私は、飲みたいものを適量、美味しく飲みます。^^

無理のない運動と健康的な食事で

痩せて、乾燥知らずのウルツヤ肌を手にしませんか?

 

↓↓ よろしければ参考になさってみてくださいね。↓↓

スーパーの食材とちょっとした工夫だけで

細胞レベルから代謝をよくして

どんどんキレイになりながら痩せてしまう方法を書いています。

興味のある人は、無料メルマガ読んでみてくださいね!

(エラー防止のため、PCのメールアドレスで登録お願いします。)

 

7ステップ無料メール講座はこちら

《期間限定》
今だけ無料レポートプレゼント中!

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、「コメントを送信する」ボタンを押してください。