最も太る恐怖の食べ物vs痩せる食べ物とは?

The New England Journal of Medicineで掲載されたハーバード大学の研究によるとポテトチップスが最も太る食べ物だと判明しました。

20年間、33歳から60歳まで120,000 人を調査したところ、4年ごとに平均して17ポンド=約7kgつづ体重とお腹周りも増えていったということです。

なぜ、ポテトチップスが最も太る食べ物なのか?

太る理由の1つは食べる量が増えてしまうから。
満足しないと無意識のうちに食べる量が増えてしまいます

「あまり食べていないのに太る」と言われる方の多くは
現実は寝るまえに食べたり、外食の時にドカッと食べていたりします。

食べていないからこそ、栄養バランスが崩れて代謝が起きにくくなっている可能性もあります。現代型栄養失調といわれるものです。

結局、人は満足するまで何かで満たします。

欠乏感があると物で満たす、自分に自信がなければ他人の評価で満たす、というように体に栄養が満たされなければ、満たされるまで食べ、結果、少しだけといいつつ量が増えてしまうのです。

トランス脂肪酸と体重増加

ポテトチップスは薄く表面積が大きい。その分、揚げ油をその分吸収しやすく、その揚げ油はほとんどがトランス脂肪酸を多く含んでいます。

農林水産省ではトランス脂肪酸の摂取量を、総エネルギー摂取量の1%未満
一日2gまで、と記しています。

ダイエットへの影響

トランス脂肪酸は肥満、特に下半身太りにつながります。
善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やしてしまいます。

血液がドロドロになりやすく栄養が運ばれにくくなります。

老廃物が溜まりやすく冷えを招きます

脂肪がセルライトへと変わり肥大化しやすくなります

最も大事なことは痩せることではなく、健康でありつづけることだと思います。
脂肪をたくさん摂りすぎると動脈硬化、心筋梗塞などを引き起こすリスクが高まります。美容面でも老化がすすみます。

なぜトランス脂肪酸が食べすぎを引き起こすのか?

トランス脂肪酸はカラダの中の糖質がエネルギーとして使われるのを邪魔します。エネルギーとして使われないものはすべて脂肪として蓄積されます。

ポテトチップスやドーナツ、パンなどは一時的にものすごく満腹感を得ることができます。糖がエネルギーとして細胞に運ばれないと血糖値が高くなります。

この状態が普通だと血糖値が下がったときにお腹が空いたという状態になり食べすぎてしまうのです。

なぜ、痩せている人はお腹が空かないのか?太っている人はたくさんたべなければ気がすまないのか、その1つの理由はトランス脂肪酸によりさらに血糖値が上がっていまうからです。

もっとも痩せる食べ物とは?

研究では最も体重減少に効果のあった食べ物はフルーツ、ナッツ、野菜、精製されていない穀物、玄米など。

食物繊維を含む食べ物です。
ビタミン、ミネラルが豊富に含まれていて代謝アップし、腸内環境をよくするので痩せやすくなるのも納得ですね。

食物繊維をとれば痩せやすくなるのは別の理由があります。

まだ研究中ですが食物繊維を食べると腸内で食欲が抑えられホルモンがつくられ脳に送られて食べる量が減っているんじゃないかと言われています。

何歳からでも始められ
健康で美しく輝く自分になるダイエットはメルマガでお伝えしています↓↓↓


7ステップ無料メール講座はこちら

《期間限定》
ホリスティックDietについて
わかりやすくまとめた
レポートを今だけ無料プレゼント中!

下のフォームにメールアドレスを入力して今すぐお受け取りください
↓↓↓